イベント情報

フリーワード検索

ジャンルで絞り込み

  • 実行委員会主催
  • 美術
  • 音楽
  • 伝統芸能
  • その他のジャンル
  • 美術美術

    2019.03.26

    Luz única ルス ウニカ vol.2 アクセサリー展

    昨年に引き続き、今年も特別なアクセサリー展を6月でオープン2周年を迎えるエル・ソニードにて開催します。県内外5名のアーティストによる個性豊かでこだわりのある、全て一点物のアクセサリー・雑貨たち。ぜひここでしか出会えないあなただけの「特別」を探しに、どうぞお気軽にご来場ください。   出展アーティスト(五十...

    開催期間:2019.05.31(金)〜 2019.06.30(日)

  • 美術美術

    2019.03.11

    春のコレクション展

    屋内収蔵作品43 点の中から精選した作品を展示します。 また今回は、2018 年夏の特別企画展の作家・井上涼の新収蔵作品と彫刻家・最上壽之のマケット(模型)もあわせてご紹介します。   ...

    開催期間:2019.02.26(火)〜 2019.04.21(日)

  • 美術美術

    2019.03.04

    絵画 三人の軌跡展

    鹿児島大学卒業後、異なる地域・職場で思い思いに制作してきた同時代の三人が、退職を過ぎた今、第二の人生を更に情熱をもち充実した制作活動が出来る様にと、これまでの足跡としての主な作品を展示・発表することとなりました。 デッサンから水彩、アクリル、油絵、デザインなど作品100点余りをそれぞれの視点で展示いたします。入場無料...

    開催期間:2019.03.16(土)〜 2019.03.24(日)

  • 美術美術

    2019.02.28

    棟方志功展 ~世界への序章 富山・福光時代~

    日本を代表する版画家の棟方志功(1903~1975年)は、1945年から約7年間、富山県福光(ふくみつ)町(現・南砺(なんと)市)に疎開していました。棟方は豊かな自然と浄土真宗の信仰が深く根付くこの地で、多くの宗教人、文化人と交流する中から自らの宗教観、芸術観を深めました。 表現の幅を広げ、質量ともに充した創作活動を...

    開催期間:2019.03.29(金)〜 2019.05.06(月)

  • 美術美術

    2019.02.22

    春の所蔵品展 特集:日本画のあじわい~郷土作家の戦後の作品から

    鹿児島出身の日本画家による戦後の作品を一堂にご紹介します。しっとりとした質感でありながら、岩絵具の粒子がきらめきを放つ、日本画ならではの絵肌のあじわいをお楽しみください。 満田天民、村永定観、松井黎光、野添草郷など、季節の風物を情趣たっぷりに描いた作品をご紹介いたします。

    開催期間:2019.03.19(火)〜 2019.05.19(日)

  • 美術美術

    2019.02.15

    鹿児島県立短期大学 生活科学科生活科学専攻 卒業研究作品展2019

    鹿児島県立短期大学生活科学科生活科学専攻の建築デザイン、空間デザイン、ビジュアルデザイン、それぞれの研究室に所属する学生の卒業研究作品展になります。建築・インテリア設計、まちづくり、ブランディングデザイン、パッケージデザイン・・・とバラエティーに富んだ展示内容となっております。 2年間という限られた修学期間での作品で...

    開催期間:2019.02.28(木)〜 2019.03.06(水)

  • 美術美術

    2019.02.14

    KTS鹿児島テレビ開局50周年記念 欧州美術留学生と仲間たち展

    南日本美術展で海老原賞、吉井賞を受賞した作家の作品を一堂に展覧します。 半世紀以上にわたってパリなどへ美術留学生を送り出してきた南日本美術展は、全国的にも稀な制度を持つ公募展です。「欧州美術留学生と仲間たち展」は、留学生の支援団体の一つであるKTSが開局50周年を記念して、海老原賞、吉井賞を受賞した留学生から寄贈され...

    開催期間:2019.03.05(火)〜 2019.03.10(日)

  • 美術美術

    2019.02.12

    MAPPING #02

    実際に見ることができない(見たことのない)航空写真を生活の”頼り”にしているのはなぜなのだろう。既存の価値観とは異なった視点で、その土地や人間の営みを再認識(Mapping)する手段として、テクノロジーやアートは重要な役割を果たしている。今展は、我々の”リサーチから着想を得た制作/展示の第1弾”として「名山堀」を対象に...

    開催期間:2019.03.12(火)〜 2019.03.17(日)

  • 美術美術

    2019.02.12

    幻想のランプと花のガラス展-アール・ヌーヴォーの世界-

    この度、当館コレクションより、アール・ヌーヴォーのガラスをご紹介いたします。 アール・ヌーヴォー(Art Nouveau)とは、19世紀末、ヨーロッパを中心に花開いた装飾芸術で、「新しい芸術」を意味しています。自然や動植物などをモチーフに、有機的で流れるような曲線を用いた表現が特徴です。 優美な造形様式は数々の美的...

    開催期間:2019.02.03(日)〜 2019.05.06(月)

  • 美術美術

    2019.02.04

    冬のコレクション展

    屋内収蔵作品42点の中から精選した作品を展示します。

    開催期間:2019.01.22(火)〜 2019.02.17(日)

  • 美術美術

    2019.02.01

    工房しょうぶアーカイブ展 vol.1

    2010年以前に制作された工房しょうぶ園生の作品展。 刺繍・絵画・陶芸・木工作品を展示します。

    開催期間:2019.02.01(金)〜 2019.03.17(日)

  • 美術美術

    2019.01.31

    早春の所蔵品展 特集:マチスの新境地≪ジャズ≫

    生誕150年を記念して、マチスの版画集《ジャズ》をご紹介します。 1940年代、70歳代半ばのマチスは腸閉塞という病を抱えます。病床にあり、油彩画を制作できなかったため、色紙とハサミさえあれば制作できる切り紙絵に取り組んでいきます。まさに怪我の功名というべきか、これがマチスの画業にとって新境地を切り拓いていきます。「...

    開催期間:2019.01.22(火)〜 2019.03.17(日)

  • 美術美術

    2019.01.22

    かごしまデザインフェア2019「デザイン百覧会」

    今回28回目を迎えるデザインフェア2019は、デザインの「ちから」を原点に置き参加者・来場者のデザイン資質の向上につながるフェアにして行きます。 デザインの本質はどんな時代でも不偏で、人々の生活に大きく関わり生きて行く上で本当にすごしやすく便利で、豊かさを実感させるものと考えています。 基本的なワークフローに触れて...

    開催期間:2019.02.22(金)〜 2019.02.24(日)

  • 美術美術

    2019.01.21

    スタジオナナホシ個展「はじめまして」

    作家・スタジオナナホシの鹿児島では初となる個展を‪3/21‬(木・祝)よりEl Sonido(エル・ソニード)にて開催いたします。 木を素材に生み出されたこびとや妖精、生きものたちーナナホシ王国の住人たちはカラフルで表情豊か。作品ひとつひとつに込められた物語を思い浮かべながら、楽しいひとときをお過ごしください。 &...

    開催期間:2019.03.21(木)〜 2019.05.06(月)

  • 美術美術

    2019.01.11

    旅の記憶 -日本の旅、世界の旅

    旅の目的は、人それぞれで違います。また、その場所に立ったときの感じ方も、人それぞれ違ってきます。 画家たちが旅して描く風景は、旅する者の目線でその土地の風光美とそこに営まれる人々の暮しぶりを伝えてくれます。画家たちが旅先の記憶をとどめた世界のあの地、日本のこの地。画家たちの研ぎ澄まされた感性で捉えられたこれらの風景は...

    開催期間:2019.02.13(水)〜 2019.03.28(木)

  • 美術美術

    2018.12.14

    「アートの力で幸せに? 美術館が挑むゆるやかな社会変革」

    人とアート、社会と美術館をつなぐプロフェッショナルである鬼本佳代子学芸員(福岡市美術館 主任学芸主査)による美術講座。 アートの可能性や時代や社会の変化に公共文化施設がどう向きあうのか、市民や社会との新たな関係性の広がりやつながりなど、 アートを取り巻く話のほか、対話型鑑賞法の実践も。 アートやミュージアムの最前...

    開催日:2019.01.20(日)

  • 美術美術

    2018.12.13

    Photo Exhibition「光の風」

    Photo Exhibition「光の風」 2018.12.14Fri - 12.20Thu. 11:00-19:00 (最終日は17:00まで) トマルビル 地下ギャラリー 鹿児島県鹿児島市泉町1−8 写真コセ リエ/額ツチナリノヤマ 甑島で撮影した写真を中心に構成したシリーズ「光の風」を 島の流木や廃材...

    開催期間:2018.12.14(金)〜 2018.12.20(木)

  • 美術美術

    2018.11.30

    蔵出し美術館「西南戦争に描かれた西郷隆盛」

    谷山サザンホールにて開催。明治10年に九州を戦場として起こった士族の反乱である西南戦争。当時の浮世絵師たちは、全国的に注目を集めたこの戦争を、虚実織り交ぜて描いた。本展では、薩軍の将であった西郷隆盛に注目し、錦絵に描かれた姿を紹介する。

    開催期間:2018.12.07(金)〜 2018.12.17(月)

  • 美術美術

    2018.11.28

    生誕120年 宮之原謙一清新なる陶芸

    鹿児島に生まれ幼少期を過ごした宮之原謙(1898~1977年)は、現代的な感覚を反映させた清新な作風で日本の陶芸界に足跡を残しました。生誕120年の節目に鹿児島市立美術館の所蔵作品から変遷をたどり、その魅力を見つめます。宮之原は近代陶芸の巨匠 二代宮川香山に師事し、板谷波山らに影響を受けながら、作家としての創作活動や芸...

    開催期間:2018.12.26(水)〜 2019.02.11(月)

  • 美術美術

    2018.11.28

    冬の所蔵品展 特集:巨匠たちの腕くらべ「雪景色」

    南国・鹿児島では、あまり雪景色は見られませんが、当館には雪をモチーフとした名品がいくつかありますので、冬の所蔵品展の特集として、全11点を一堂にご紹介します。今回の出品作家の多くは、鹿児島出身の画家たちです。彼らにとって、雪はとても珍しい存在で、この自然現象に対する驚きや憧れの気持ちが作品から伝わってくるようです。今年...

    開催期間:2018.11.27(火)〜 2019.01.20(日)

掲載情報募集中!詳しくはこちらをクリック

メールイベント情報をお寄せください