電子書籍

多様な発信方法の1つとしてKCICが取り組む電子書籍。1年間で3冊の電子書籍 "アーティストとの共同制作"、"地域×アートのかけ合わせ"、"年間の活動報告" を発行しています。

2014.09.23
【公開中】KCIC BOOKS アーティストシリーズ 『カゴシマ トーキョー 断片』松本弦人+KCIC 著

【公開中】KCIC BOOKS アーティストシリーズ 『カゴシマ トーキョー 断片』松本弦人+KCIC 著

 

gento_satsuei

鹿児島市庁舎本館での撮影

shibuya

渋谷ハチ公前での撮影

KCIC 2014 年アーティストブックは、縦横無尽なメディア制作を手がける松本弦人氏と KCIC の共同制作による実験ツールです。 KCICを起点とした鹿児島と、松本氏の活動拠点である東京(渋谷/目黒)の、建築、施設、街、食、人など、さまざまな[対象]をそれぞれの住人が〝断片〟として選び取り、MemoPad と電子書籍に並列に綴じます。2つの地域を並べることで表出すること/使われることで成立するツール/更新可能なメディアとしての電子書籍。3つの特性を併せ持つこのツールを、異なる地域でありながら、共有 された空間でもある「鹿児島─東京」に置くことからこのプロジェクトは始まります。

○閲覧はコチラから
上巻 http://bccks.jp/bcck/130091
下巻 http://bccks.jp/bcck/130650
『カゴシマ トーキョー 断片』ver.0 松本弦人+KCIC 著

※上・下巻共に制作中の暫定版です。2015年1月17日にver.1を公開します!

 

○関連企画 1月17日(土) 15:00〜
発刊記念トークイベント 『松本弦人 × ナガオカケンメイ』 
かごしま文化情報センター(KCIC)

  _MG_9135sq_s

 

デザイナー:松本弦人 グラフィック・デザイナー メディア・プロデューサー BCCKS CCO / コンセプト設計・企画・デザイン責任者 コンピュータによるグラフィック・デザインの黎明期から積極的に先端技術を取り入れ、様々なメディアのデザインに取り組む。デジタル作品への関わり方は尋常ではなく『ポップアップコンピュータ』、『ジャングルパーク』、『動物番長』の三本において、企画・監督・デザインを務める。休刊前の『STUDIO VOICE』アート・ディレクター、プリント・オンデマンド出版『一〇〇〇文庫』発行人。東京タイプディレクターズクラブ理事 受賞歴 : マルチメディアグランプリ、日本ソフトウェア大賞、ADC 賞、TDC 賞、The Best Interactive Awards 他多数

 

http://www.sarubrunei.com/

 

機材協力:松下瑞樹(シティライツカンパニー