イベントレポート

実行委員会主催実行委員会主催

2019.02.08
レポート「ワークショップ:未来の扉をひらくかも」

レポート「ワークショップ:未来の扉をひらくかも」

 鹿児島市では「文化薫る地域の魅力づくりプラン」に基づき、文化・芸術によって「ひと」と「まち」を元気にする取り組みを進めています。

 3月24日(日)にかんまちあで初開催するアートフェスティバル「げいじゅつ たいけん! かんまちあ」で、アーティストの藤 浩志さんと一緒にワークショップを行う高校生が、当日どんなワークショップをするのか、「企画を考えるワークショップ」を行いました。

 藤さんのレクチャーを受けながら、高校生たちがそれぞれの興味や関心をほりさげ、そこから当日何ができるかを考えていきました。


 

―「未来をつくるには、自分がこうありたいという、自分をつくるための予定を入れてみる」―

 12月26日。集まったのは市内高校からの参加者38名。

 高校生たちからの質問や疑問に対して、藤さんがこれまでの自身の制作や海外での経験などを語りました。そして、「皆さんがどういう予定を入れるのか?誰と会って、どこに向かうかで自分の運命は変わってくる。」ということで、自分の興味関心がどこあるのかを探すことになりました。

 

―「自分が将来どんなところとつながりたいのかを関連づけながら考えてみる」―

 席替えをして生徒同士ペアになり、それぞれ自己紹介をして、「今の自分がどうあるのか、これからどうなりたいのか」など、藤さんの出すテーマに沿ってお互いに話をしました。

 

―「自分の中でもやもやとしたイメージとどう向き合うか、イメージをどう具体化するか」― 

 次に4人のグループを作り、藤さんからの「錦江湾に浮かぶ、体育館くらいの広さの島にボートで行き、1カ月何をするか?」「夏休みに1カ月の旅を企画する、お金はいくらでも。」というテーマについて、その場で考えた自身のアイディアを発表しました。自由に想像を膨らませることで、高校生自身の興味や関心が引き出されていきました。

 

―「3月24日の10:00~15:30は自分の好きなことをやり続ける」、「誰とやるのか、どんなことができればおもしろいかを考える」―

 最後に高校別のグループをつくり、藤さんのアドバイスをもとに、3月24日に向けた具体的な作戦会議を開始。それぞれのグループが、当日来場者にも参加してもらうワークショップのアイディアを発表しました。

 

 今回の「企画を考えるワークショップ」で出たさまざまなアイディアは、今後、藤さんのアドバイスを受けながら高校ごとに「来場者も楽しめるワークショップ」として準備していくことになりました。
 3月24日にかんまちあで、藤さんと高校生がお届けするワークショップをどうぞお楽しみに。

 

「げいじゅつ たいけん! かんまちあ」の詳細についてはこちら


取材&写真:かごしま文化情報センター(KCIC)