美術

美術、デザインのほか、多様なジャンルのイベント情報を、広く紹介します。

美術美術

2015.04.17
つい de サロン vol.1 柴田昌平「千年の一滴」映画監督

つい de サロン vol.1 柴田昌平「千年の一滴」映画監督

日本人と自然との関係を、食を切り口に見つめるドキュメンタリー「千年の一滴 だし しょうゆ」の 監督 柴田昌平氏と同作出演者で鹿児島県枕崎の鰹節作り職人今給黎秀作氏をお迎えするトークイベン トを行います。2013 年、ユネスコ無形文化遺産に登録され、世界から注目されている和食。その核と も言える「だし」について、多様な角度からドキュメンタリー化した本作を基に、本トークでは、日本、 そして鹿児島の食や自然の魅力を語ります。

写真 | (右)柴田昌平(撮影:元木みゆき) (左)今給黎秀作 (c) プロダクション・エイシア /NHK


イベント情報

◯概要
会 期: 2015年4月25日(土)
時 間: 14:20〜
会 場: マルヤガーデンズ 7F ガーデンズシネマ(施設詳細をみる)
ゲスト: 柴田昌平(映画監督)、今給黎秀作(鰹節作り職人)
聞き手: 沢畑 亨(棚田食育士家元、愛林館 館長)

 

 

料 金: 無料(※ 映画鑑賞は別途料金が必要)
主 催: 文化薫る地域の魅力づくり実行委員会、鹿児島市
協 力: 一般社団法人 鹿児島コミュニティシネマ
企 画: かごしま文化情報センター(KCIC)アートディビジョン

 

◯映画「千年の一滴」

カンプposter3C

 

映画「千年の一滴」 4月18日(土) ~ 5月8日(金) ガーデンズシネマ 今年 8 月、ヨーロッパで最も権威ある放送局 ARTE でアンコールが続き、6回にわたり放送された異色 作。

“このドキュメンタリーは、食文化、あるいは日本文化について、これまでの理解をはるかに 越えた世界へと、われわれを誘ってくれる。”
リュック・マルタン=グセ(プロデューサー)
“私が近年観た中で最高のドキュメンタリー。ほんとうにありがとう!!! “  ドイツ人の観客より
・千年の一滴 だし しょうゆ 予告編
 http://youtu.be/hbc9tDBufoI

 

 

◯登壇者プロフィール
柴田昌平

1963 年東京生まれ。映像作家。初監督作品「ひめゆり」(07)は、キネマ旬報ベストテン(文化映画) 1位など8冠を受賞。ドキュメンタリー番組も数多く制作し、NHK スペシャル「クニ子おばばと不思議 の森」は、焼き畑による森の循環と農家の暮らしを紡いだ異色作で、国内外で大きな反響を呼んだ。 NHK スペシャル「世界里山紀行 フィンランド・森・妖精との対話」(独・ワールドメディアフェスティバル 銀賞受賞)など、海外で受賞した作品も多い。NHK、民族文化映像研究所を経て、現在は映像製作会社 プロダクション・エイシア代表。

沢畑 亨

 sawahata_撮影:尾崎たまき

1961年生まれ 熊本県西合志町(現合志市)出身。1980年 久留米大学附設高校を卒業、東京大学に入学 1988年 東京大学大学院林学専攻修士課程を修了。農学修士。  修士論文「80年代後半のむらおこし運動の考察」 同年  西武百貨店に入社。池袋店の食品部企画課に勤務し、北海道物産展などを担当。1989年 西武百貨店を退社。今井俊博氏と「熱帯文化研究開発機構」を創設し、特に都市部の環境問題と住生活についてコンサルテーション・執筆・編集などの活動を行う。 伝統的な手工芸品を日本に紹介するため、東南アジア諸国(タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシア)を頻繁に訪れる。 1994年 愛林館の館長に全国公募で選ばれ現在に至る。

◯かごしまアートナビで施設情報をみる

http://www.kcic.jp/kan/maruya-gardens

地図閲覧・案内機能・ストリートビューなどがご利用いただけます。