美術

美術、デザインのほか、多様なジャンルのイベント情報を、広く紹介します。

美術美術

2019.07.30
鹿児島市制130周年記念「没後25年 曽宮一念展 溶岩と噴煙を愛した色彩の画家」

鹿児島市制130周年記念「没後25年 曽宮一念展 溶岩と噴煙を愛した色彩の画家」

曽宮一念(1893-1994)は東京美術学校で藤島武二の薫陶を受けた後、二科会、独立美術協会、国画会などで活躍し、戦後は特に色彩豊かなフォービックな風景画を描きました。1949年に初めて訪れた鹿児島では、桜島の溶岩や噴煙に魅了され、以後「桜島渡航百回」を自称する程たびたび同地を訪れ桜島を描きました。本展では鹿児島との関わりを主軸に、初期の水彩画や晩年に失明してから打ち込んだ短歌や随筆の仕事なども紹介し、油彩、水彩・素描、書、陶板など100点を超える作品・資料から、曽宮の画業とその魅力をご紹介します。


展覧会情報

〇概要

 会 期:2019年10月3日(木)~2019年11月10日(日)

 

 会 場:鹿児島市立美術館

 

 時 間:9:30~18:00(入館は17:30まで)

 

 休館日:月曜日(祝日の場合はその翌平日)、12月29日~1月1日

 

 観覧料:一般1,000円(700円)、高大生800円、(500円)、小中生600円(300円)

     ※( )内は前売料金及び20名以上の団体料金。 本展観覧券で所蔵品展も観覧できます。

      

    主 催:鹿児島市立美術館、南日本新聞社、MBC南日本放送 
     【特別協力】常葉美術館【助成】一般財団法人自治総合センター

 詳 細:HPhttps://www.city.kagoshima.lg.jp/artmuseum/index.html

 

【お問い合わせ先】鹿児島市立美術館 TEL 099-224-3400