美術

美術、デザインのほか、多様なジャンルのイベント情報を、広く紹介します。

美術美術

2016.09.06
日置市平鹿倉地域活性化プロジェクト UYU 2016 episode 1 誕生 ー 盛栄

日置市平鹿倉地域活性化プロジェクト UYU 2016 episode 1 誕生 ー 盛栄

「UYU」というこれまでにない新しい地域活性化プロジェクトの形が日置市平鹿倉ではじまります。これまで平鹿倉に関係のある人たちを呼び寄せ、さらに、平鹿倉を知らない人たちにも訪れてもらい、平鹿倉そのもの〈人〉・〈自然〉を美しい作品として、そして、後世まで形あるものとして保存するプロジェクトです。
エピソード1として、肝付町で作品を滞在制作し、その作品をインドでも公演したダンス・カンパニーSo&co.の平鹿倉をテーマした作品『とキわかキわか[tokiwakakiwaka]』の上演が行われます。
また、UYUプロジェクトの為に書き下ろされたグザビエ・ダローさん作短編小説『 la belle peau 』の朗読パフォーマンスも行われます。

展覧会情報

◯概要
日 時: 2016年9月11日(日) 15:30〜17:00
料 金: 入場無料
会 場: 平鹿倉地区公民館(〒899-3303 鹿児島県日置市吹上町湯之浦5356)(099-296-2889)
主 催: 鹿児島大学教育学部地域社会教育専修 久保田治助研究室
共 催: 日置市平鹿倉地区公民館
後 援: 日置市 日置市教育委員会
詳 細: https://www.facebook.com/uyuhirakakura
お問い合わせ: uyuhirakakura@gmail.com

ダンスパフォーマンス とキわかキわか[tokiwakakiwaka] -ダンス・カンパニーSo&co.
◯プロフィール

13939413_1089303314483384_3194541796192614143_n

写真:片岡陽太

上田 創 (So & co.) (振付家・舞踊家・演出家)

東京都出身。1996年よりパフォーマンスユ ニット [sal vanilla] を中心に舞踏工房若衆、大豆鼓ファーム等の作品に参加。2006年よりYuzoIshiyama/A.P.Iの作品に振り付け出演、 国内外にて活躍。マーシャルアーツと舞踏を基とした即興性の強いスタイルで様々なアーティストとコラボレーションを行い、独自のスタイルを模索展開している。 2001年より自身の演出作品も手掛け、多数の作品を発表している。 近年ではライブ形式でミュージシャンと共にコラボレーション作品を発表し、そのストレートで繊細な世界観には定評がある。2014年には、自身が芸術監督をつとめる「So & co.」を旗揚げ。鹿児島県肝付町で初演された「HILUM」は、2015年にはインドオリッサビエンナーレより招聘され好評を博す。 https://www.facebook.com/socoofficial

 

平多 理恵子 (振付家・舞踊家・演出家)

平多正於舞踊研究所所属。日本女子体育大学、民俗舞踊研究室にて福田一平氏に民俗舞踊を習う。1998年第55回東京新聞主催全国舞踊コンクール現代舞踊第一部1位 文部大臣賞受賞。1999年度文化庁在外研修で渡仏。2007年よりlaatikkoダンス教室を沼口賢一と主催。ほか国内外で、振り付け、パフォーマンスを行っている。

 

原案・演出・振付・出演 :上田 創
振付・出演 : 平多 理恵子
映像・音響 : 松本 充明


◯平鹿倉 短編小説 朗読パフォーマンス:橋本 泰久(朗読)+松本充明(演奏)
9月11日のメイン・イベントの後にアフター・パフォーマンスとして、フランス人映像作家グザビエ・ダローさんによる平鹿倉を舞台にした短編小説の朗読+生演奏を行います。

 

14045811_1089305174483198_6682997493671077834_n

橋本 泰久(デザイナー)

東京でデザイン事務所、「ハシモトグラフィックス & バイシクル (H.G.B)のデザイナーとして活動。その後、鹿児島県へ移住してセレクトリサイクルショップ 「アメタ食堂」を独自の感覚で経営をしながら、本業のデザイナーとしても活躍。また、バンド「アメタ食堂」にて自己の著作の朗読を行っている。


企画・プロデュース:久保田 治助(鹿児島大学学術研究院法文教育学域教育学系准教授)
ディレクション・コーディネーション・イメージデザイン・翻訳:松本 充明(視聴覚作家)
平鹿倉オリジナル・ストーリー:Xavier Dalot(映画作家)