美術

美術、デザインのほか、多様なジャンルのイベント情報を、広く紹介します。

美術美術

2016.07.15
青木野枝「もやときり」 

青木野枝「もやときり」 

彫刻家・青木野枝さんの個展 「もやときり」がMizuho Oshiro ギャラリーで6度目の開催となります。
青木野枝さんは鉄を素材に制作する彫刻家です。今回は鉄の彫刻をはじめ、石膏、紙などを使った彫刻、ドローイング、版画が展示されます。貴重なこの機会にぜひ会場で作品をご覧ください。


展覧会情報

◯概要
会 期: 2016年7月24日(日)~9月11日(日)
時 間: 11:00〜20:00
会 場: Mizuho Oshiro ギャラリー(施設詳細をみる)
休 み: 水曜日
作家来廊: 7月23日(土)18:00〜21:00 アートトーク&プレオープンパーティー(予約制)
詳 細: Mizuho Oshiro ギャラリー『 青木野枝「もやときり」』
 

 

◯作家プロフィール
青木野枝

1958 年東京生まれ。武蔵野美術大学大学院修了。工業用の鉄板を切りだし、つなぎ合わせる作業を繰り返して作品を作り上げる。鉄は本来の重さ、固さから解き放たれ、作品が置かれた空間を変化させる。近年は石鹸、石膏など異素材の作品も発表。子供が鉄を切り作品を作るワークショップも精力的に開催している。2000年第50回芸術選奨文部大臣新人賞受賞、2003年第33回中原悌二郎賞優秀賞受賞、2014 年第 55 回毎日芸術賞受賞など。国立国際美術館(大阪) 、豊田市美術館、名古屋市美術館(愛知)など美術館での個展多数。あいちトリエンナーレ、瀬戸内国際芸術祭参加。大原美術館、文化庁、大分市美術館、国際芸術センター青森、新潟県立近代美術館などに作品が収蔵されている。

 

◯アーティストコメント

九州に着いた。 飛行機から降りたら、山が靄と霧の中にあった。
それは雨ではなく、立っているだけで自分が包まれていくような白い空気だった。
柔らかな水分、すべてが水分に戻っていくような場所。
この土地で自分の彫刻を見せるのだと思うと、ちょっと気後れのようなものを感じる。
それだけのことが自分にできたのだろうか。
自分の彫刻をこの土地に置いて自分の目で確かめる。
どきどきしながら。でもここに来られたことを感謝しながら。

 

 

◯かごしまアートナビで施設情報をみる

http://www.kcic.jp/kan/mizuho-oshiro-gallery

地図閲覧・案内機能・ストリートビューなどがご利用いただけます。