美術

美術、デザインのほか、多様なジャンルのイベント情報を、広く紹介します。

美術美術

2016.06.11
地域×アート鑑賞会「未来のまつり、今日のまつり」 ナビゲーター:手塚 夏子

地域×アート鑑賞会「未来のまつり、今日のまつり」 ナビゲーター:手塚 夏子

わたしたちのうた、わたしたちの踊りをつくるプロジェクト

いま、日本各地では、その地に根付く伝統芸能や現代に目を向けた新しい盆踊りなど、普段は目に見えない地域のことや歴史を“踊り”にして奉納するお祭りが見直されています。数々のお祭りを見つめると、「この踊りの動きはなに?」「この歌詞はそんな意味だったの!?」といった気づきから、地域の魅力はもちろん、古来より続く人間の根源的なことが見えてくるかもしれません。

そこで、かごしま文化情報センターでは、各地の貴重なお祭映像を集めて鑑賞する機会を設けました。ナビゲーターは、日本やアジアの民俗芸能をリサーチするコンテンポラリーダンサーの手塚夏子さん。ダンサーとして同じ目線に立ち、各地で踊られる芸能に興味を持つ手塚さんがセレクトした映像をみんなで鑑賞し、様々な角度から、ひとや地域の魅力を見ていきます。

 

※本鑑賞会は、「わたしたちのうた、わたしたちの踊りをつくるプロジェクト」の一環で実施し、ナビゲーターの手塚 夏子さんを講師に、7月からは、未来のうたと踊りをつくるワークショップを連続で開催します。秋に発表会を行い、みなさんで作った作品を上演も。ご興味のある方はぜひご参加下さい。

(ワークショップ日程など詳細は後日発表します。)

 

◎ナビゲーター:手塚 夏子(振付家 / ダンサー)

◎上映作品:

岩戸の疱瘡踊り(鹿児島県鹿児島市)

六調(鹿児島県徳之島)

フェスティバルFUKUSHIMA!納涼盆踊り2015(プロジェクトFUKUSHIMA!より・東京都池袋) 

吹上砂丘音頭 BonDance / FUKIAGE-SAKYU-ONDO 2012 山中カメラ(吹上ワンダーマッププロジェクトより・鹿児島県日置市)

にゅ〜盆踊り 2015 オリジナル振付 近藤良平 出演:コンドルズ / 珍しいキノコ舞踊団 / プロジェクト大山(東京都豊島区 あうるすぽっと

など多数。


鑑賞会情報

◯概要
日 程: 2016年6月18日(土)
時 間: 14:00〜16:00
会 場: かごしま文化情報センター(KCIC)
料 金: 無料(先着30名・要申込)
主 催: 文化薫る地域の魅力づくり実行委員会、鹿児島市
助 成: 一般財団法人 前川報恩会 平成27年度 地域振興助成事業
協 力: あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)、さつま町、プロジェクトFUKUSHIMA!
お申込・問合せ: かごしま文化情報センター(KCIC)
TEL: 099-248-8121  MAIL:information@kcic.jp
鹿児島市易居町1-2鹿児島市役所みなと大通別館1F
(開所時間:10:00〜18:00 ※日・水曜休所)
来所、電話、またはメールにて、講座名「未来のまつり、今日のまつり」と、必要事項(お名前、年齢、住所、電話番号、メールアドレス)をお伝えください。

 

◯ナビゲーター プロフィール

Tezuka05-1-e1402740318335

 

手塚 夏子(ダンサー / 振付家)

神奈川県横浜市生まれ。福岡県糸島市在住。1996年よりマイムからダンスへと移行しつつ、既成のテクニックではないスタイルの試行錯誤をテーマに活動を続ける。2001年より自身の体を観察する「私的解剖実験シリーズ」始動。体の観察から人と人の関わりの観察まで視座を広げ、実験的な作品を発表している。2010 年より民俗芸能を調査する試み「Asia Interactive Research」を始動。2011年には関連するプログラムとして民俗芸能調査クラブを立ち上げ、NPO法人 ST スポット横浜と共に継続して調査に取り組む。2013 年に関東から福岡へ活動拠点を移す。

 

♦掲載画像クレジット

フェスティバルFUKUSHIMA!納涼盆踊り2013  Photo.SHIIGI Shizune