美術

美術、デザインのほか、多様なジャンルのイベント情報を、広く紹介します。

美術美術

2016.02.04
Mio Matsuda with Oswald Kouame & N'Zassa Music in しょうぶ学園 世界の鼓動がきこえる

Mio Matsuda with Oswald Kouame & N’Zassa Music in しょうぶ学園 世界の鼓動がきこえる

旅する歌手・松田美緒さんが最強のアフリカンバンドを連れてしょうぶ学園にやってきます。
コートジボアールを代表するパーカッショニスト・オズワルド・コウアメ&ンザッサ・ミュージックは、アフリカの大地の祝福を受けた音の魔術師!無から音を創りだし、色鮮やかな絵を描き出します。
聴く人を一瞬にして魅了し、歌い踊らせずにはいられません。
松田美緒さんとオズワルト・コウアメが作り出す音の世界を是非お楽しみください。
※N’zassa(ン・ザッサ)とは、色彩に富んだ、カラフルな、という意味のバウレ語です。


展覧会情報

◯概要
会 期: 2016年2月27日(土)
時 間: open 17:30 / start 18:00
会 場: しょうぶ学園内 pasta & cafe otafuku(施設詳細をみる)
料 金: 前売券 3,000円 / 当日券 3,500円(小学生以下無料)
    *ドリンク1オーダー制となります。(1ドリンク500円)
    *お席は自由席となります。満席の際は立ち見の場合もございますのでご了承ください。
詳 細: しょうぶ学園ウェブサイト

 

◯アーティストプロフィール
松田美緒(ヴォーカル)

 土地と人々に息づく音楽のルーツを魂と身体で吸収し表現する”現代の吟遊詩人”。その声には彼女が旅した様々な地域の魂が宿っている。ポルトガル、ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、ベネズエラ、ペルー、カーボヴェルデなどポルトガル語・スペイン語圏の国々で、ウーゴ・ファトルーソ、カルロス・アギーレなど現地を代表する数々のミュージシャンと共演。南米やヨーロッパ、韓国など世界各地で公演を重ねている。2005年にビクターよりデビューし、以来5作のソロアルバムを発表。2014年、3年がかりのライブとフィールドワークの集大成として初のCDブック『クレオール・ニッポン うたの記憶を旅する』を発表。ブラジル・ハワイ移民の歌を含め、日本各地の忘れられた歌を現代に瑞々しく蘇らせた作品は高い反響を呼び、文藝春秋「日本を代表する女性120人」に選ばれる。2015年3月、パリの高等社会学研究所の国際シンポジウムに招かれ、5月にはギリシャでも公演。第2回ヘテロトピア文学賞特別賞を受賞。
http://www.miomatsuda.com/blog/news.html

 

オズワルド・コウアメ(パーカッション&ヴォーカル)

オズワルドは、西アフリカ、コートジボワール出身。7歳の時からパーカッションを始め、コートジボワール国立芸術文化研究所(INSAAC)にて音楽学者(Musicologist)の学位を取得。パーカッションのリーダーとしてコートジボワール国立オーケストラやアフリカの伝統的な舞踏劇団など、数々のグループとアフリカ、ヨーロッパ各国で数多くのフェスティバル、コンサートに出演し、活動拠点を広げる。また、スティービー・ワンダー、リテャード・ボナなど世界的な音楽家たちと共演やレコーディングも行う。アフロ・ビート、ジャズ、ラテン、レゲエ、ファンク、R&Bその他様々なジャンルの音楽(ン・ザッサ)を演奏し、ソングライター、コンポーザーとしても数々の楽曲の作詞、作曲、編曲を行っている。アフリカン・バンド「ン・ザッサ・ミュージック」(N’Zassa Music)のリーダーとして、各地で演奏活動を行うとともに、様々な国籍・ジャンルのミュージシャンたちとのセッション、共演を行っている。

 

◯かごしまアートナビで施設情報をみる

http://www.kcic.jp/kan/shobu

地図閲覧・案内機能・ストリートビューなどがご利用いただけます。