美術

美術、デザインのほか、多様なジャンルのイベント情報を、広く紹介します。

美術美術

2015.08.03
KCIC アートマネジメント ラボ 「これからのパブリックリレーションズ」

KCIC アートマネジメント ラボ 「これからのパブリックリレーションズ」

かごしま文化情報センター(KCIC)が、2015年春に2倍に拡張したスペースを利用してはじめた、新しいアートマネジメントの形を模索する座学(レクチャー)と実践(ワークショップ)のシリーズ。
各地で独自の活動を展開するアートマネジメント、発信(告知)活動、教育普及に関する講師をお呼びして、いまの社会で必要なマネジメント(企画・運営)の在り方を、参加者と一緒に模索します。

セッション4となる今回のゲストには、「ほしい未来は、つくろう」をキャッチコピーに全国各地のグッドアイデアを発信しているウェブマガジン「greenz.jp」の編集長・兼松佳宏さんをお招きし、活動を広める為のパブリックリレーションズ(よい関係づくり)についてお話しいただきます


<8/20情報追記>

桜島の噴火警戒レベル4への引き上げを受け、協議した結果、当日は万が一に備えて避難経路の確保など注意喚起を十分に行った上、予定通り開催いたします。


開催概要

◯概要
会 期: 2015年8月23日(日)
時 間: 14:00〜16:00
会 場: かごしま文化情報センター(KCIC)(施設詳細をみる)
料 金: 無料
定 員: 50名
主 催: 文化薫る地域の魅力づくり実行委員会、鹿児島
助 成: 一般社団法人 地域創造

 

◯ゲストプロフィール
兼松佳宏(Yoshihiro KANEMATSU)

greenz.jp編集長/NPO法人グリーンズ理事 1979年生まれの勉強家 兼 お父さん。2004年よりウェブデザイナーとしてNPO支援に関わりながら、「デザインは世界を変えられる?」をテーマに世界中のデザイナーへのインタビューを連載。 CSRコンサルティング企業に転職後、2006年クリエイティブディレクターとして独立し、ウェブマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わる。2010年より編集長。秋田市出身、京都市在住。一児の父。 著書に『ソーシャルデザイン 社会をつくるグッドアイデア集』(グリーンズ編)、『日本をソーシャルデザインする』(同)、『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン 関わり、つくり、巻き込もう』(共著)など。 2016年より京都精華大学人文学部の特任講師として「ソーシャルデザイン・プログラム(社会創造演習)」を担当予定。 Twitter:http://twitter.com/whynotnotice
Facebook:https://www.facebook.com/whynotnotice