かごしま文化情報センター(KCIC)

ART美術

美術、デザインを中心に、多様な現代ならではのジャンルを超えた表現=ARTを、広く紹介します。ローカル、そして国内外のクリエイティブな“いま”をどうぞ。

モノセレモニーズ・コンセプトドローイング展示

モノセレモニーズ・コンセプトドローイング展示

KCICアートマネジメントラボの一環で行ったワークショプ+展示「モノセレモニーズ」。
そのコンセプトドローイングを展示します。 建築家・辻琢磨とアーティスト・篠崎理一郎が協同で制作した、木板にボールペンで描かれた3枚のコンセプトドローイング。
「モノセレモニーズ」で描かれた「モノガタリ」を表現しようと試みられています。
ぜひ会場にてご覧ください。

詳細はこちら
KCICアートマネジメントラボ
http://www.kcic.jp/news/16629
session4「モノセレモニーズ」
http://www.kcic.jp/art/17168


 

 

展覧会情報

◯概要
会 期: 2017年3月6日(月)~3月28日(火)
時 間: 10:00〜18:00
会 場: かごしま文化情報センター(KCIC)(施設詳細をみる)
入場料: 無料
休 み: 水・日曜日
主 催: 文化薫る地域の魅力づくり実行委員会、鹿児島市
企 画: かごしま文化情報センター(KCIC)アートディビジョン
 

 

◯作家プロフィール

辻 琢磨(建築家 /403architecture[dajiba]

1986年静岡県生まれ。2008年横浜国立大学建設学科建築学コース卒業。2010年横浜国立大学大学院建築都市スクールY­GSA修了。2010年 Urban Nouveau*勤務。2011年メディアプロジェクト・アンテナ企画運営。2011年403architecture[dajiba]設立。現在、滋賀県立大学、大阪市立大学非常勤講師。2014年「富塚の天井」にて第30回吉岡賞受賞。http://www.403architecture.com/

 


篠崎 理一郎(アーティスト/KCICスタッフ)

1989年鹿児島生まれ。幾何的要素を起点に建造物や人物、動物など多岐にわたるモチーフをドローイングで描く。近年は個展やグループ展、海外アートフェア参加、「Manhattan Portage(NY)」、「無印良品」、「KIRIN」、「URBAN RESEARCH DOORS」といったブランドとのコラボレーション、書籍挿絵やミュージシャンのCDジャケット等の販促物のアートワークを手掛ける。2016年「Human museum 2016」 在本彌生賞、「UNKNOWN/ASIA 2016」大阪府府民文化部都市魅力創造局 寺浦薫賞、2015年 「ASIAN CREATIVE AWARDS Vol.1」 入賞(メディア審査員 adobo magazine選)、2014年「豪州『日本人ニュー・アーティスト発掘展』 」ヤングアーティスト賞、2013年「U1 SPACE FILE COMPETITION vol.04」 大賞 大寺聡賞http://www.reeeeeach.com/